google-site-verification: google58bf4cf5197433fa.html 荷物の送り方。

荷物の送り方。



ふつう離島に荷物を送ると「離島料金」が取られます。

ネットショップなどでも

●北海道、沖縄、離島、に関してはお問合せ下さい。

や、

●送料無料(北海道、沖縄、離島、を除く)

などの表記は必ずと言って良いほど「配送について」欄に記入されています。

でも、伊豆大島は違いますっ!


なんとっ‼

「ゆうパック」と「クロネコヤマト」は都内と同じ料金なんですヽ(^。^)ノ


http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/


http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/

だって、都内だもんっ!品川ナンバーだしっ!

って強気になっていますが

他の業者さんの荷物は別料金が発生してしまうのも事実です。

もちろん、当日配達は無理。

翌日配送もお約束はできません。(天候の状態もあるしね)

普通は、+1日で配達されます。

なので、ネットショップなどでも

「ゆうパック」か「ヤマト便」に対応していれば送料無料です。

しかし、

ショップ側も知らない事が多いので必ず質問から確認する事をお勧めします。

自分は必ず

「ゆうパックとヤマト便は23区内と同じ料金です」と

書き加えて確認しています。

それでも面倒くさいのか

「離島には配送していません」とか、

「配送業者が決まっているので対応できません」など

ショップ側の都合もあり無理な場合もあります。

場合によっては購入商品より送料が高い場合も(~_~;)

ですが、

ショップさえ選べばいろんな物が本土と同じように購入できるので非常に便利な島なんです!

※送料の仕組み

ゆうパック&ヤマト便 = 島内に営業所があります。

(郵便局はあたりまえか・・・・)

しかし、他の業者さんの営業所は島内にありません。

そりゃ人口8000人弱の所に作ってもね~。わかります。

なので、

ショップで購入 → 配送業者 → 辰巳の七島海運 

→ 船で大島へ(船代)

→ 山田回漕店(配送代) → 配達

の流れです。

普通都内の配送無料であっても、辰巳の七島海運さん迄で、

そこから大島までの船代(七島海運さん)+大島での配送料金(山田回漕店さん)

となってしまうので高額になってしまいます。

※最初の写真にあるように、ゆうパックとヤマトさんは

大型船がある時は「さるびあ君」で運ばれてます


#島移住 #リフォーム #伊豆大島 #空き家

36回の閲覧